山口市、 防府市での台所のリフォームなら

新築・リフォームの際に知っておきたい台所の基礎知識

 台所で一番重要なのは、キッチンになります。奥様の、負担を軽減でき、作業しやすい空間にすることが大事です。

 

 まずは、間取りに合ったキッチンの形状を決めましょう。種類は大きく分けて、三種類あります。

 

 オープン型・・・キッチンを壁面に設置する最も多い形です。価格が安く、コンパクトに収まるので、リフォームの際にも設置しやすいですが、壁際に設置するのでリビングを背にし、家族とのコミニケーションを取りにくくなったり、テレビを見ながらの作業がしにくいといった欠点があります。

 

 

 

 セミオープン型(対面式)・・・一般的に対面式のことを言い、キッチンの前に壁を作り、カウンターを付けるなどの施工方法があり、リビングを見ながら作業できるので、家族とのコミニケーションが取りやすく、テレビを見ながらの作業できます。新築に多く使われていますが、設置スペースが広くなるので、リフォームではある程度のスペースを確保が必要です。

 

 

 

 アイランド型・・・「離れ小島」という意味で、シンクやコンロを台所の中心に設置するので、複数人で作業しやすく、デザイン性も高いものが多いです。セミオープン(対面式)との違いは、壁に一切、面していない点です。台所の中央に設置するため、レンジフード(換気扇)、給排水の位置等に注意が必要です。

 

 

 次に、配列パターンを決めていきましょう。色々なパターンがありますので、自分にあったパターンを考えましょう。形によっては価格に差があるので、注意が必要です。組み合わせ次第では、色々できますが、主なものを挙げると、

 

 T型キッチン・・・一般的なタイプでオープン型・セミオープン(対面式)にも施工可能で、価格も安く、コンパクトなのでスペースを無駄なく使える反面、作業スペースが狭く調理器具等の収納スペースを検討の必要があります。キッチンの上部に吊戸棚を付けるなどの解決方法があります。

 

 U型キッチン・・・T型キッチンを二列に設置しとものです。T型に比べ、二倍の作業スペースを確保できます。一般的には外壁面にコンロを設置し、対面側にシンクを設置することが多いです。外壁面にコンロを設置する理由の一つは、レンジフード(換気扇)が関係しており、レンジフードから排出口までの距離が遠くになればなるほど、換気扇の中に油や汚れが溜まりやすくなると言った理由があります。

 

 L型キッチン・・・キッチンがL型になっているタイプです。シンクとコンロの位置が近いので、作業する動線が短くなり、使いやすい反面、設置面が壁面に限定され、L型のコーナー部分がデットスペースになってしまいます。コーナー部分を収納にした、A型キッチンも有りますので、予算に合わせて選びましょう。

 

 

 シンクは大きく分けて、二種類あります。自分に合った、値段やデザインの物を選ぶことが大切です。

 

 人工大理石・・・優れた耐熱性と衝撃性があり、色のバリエーションも豊富なので自分に合った、キッチンをコーディネイトできます。

 

 ステンレス・・・値段が安く、スタンダードなシンクです。傷や汚れに強いが、強い衝撃等を与えてしまうと、シンクがへこむことがあるので注意が必要です。

 

 

 加熱器には、ガスコンロとIHヒーターがあり、自分に合ったものを選びましょう。

 

 ガスコンロ・・・火を使うので高火力で料理ができ、本格的な調理が可能です。コンロにコーティングが施されているものもあるので、汚れが付きにくく手入れが簡単です。メーカーによっては、コンロに色が付いたものもあるのでシンクと合わせたりと、自分好みのキッチンをコーディネイトすることができます。

 

 IHヒーター・・・火を使わないので、吹きこぼれによる立ち消えの心配がありません。ヒーターがフラットなので手入れが容易です。

 

 

 水栓金具(蛇口)には、手を使わずに水を出せるセンサー水栓や、蛇口の先端部を伸ばせ、シンクの手入れが容易なシャワーヘッドなどがあります。

 

 

 他にも、レンジフード(換気扇)、浄水器、食器洗浄機などもあるので、自分のライフスタイルにあったものを選ぶことが大切です。