山口市、 防府市の床の リフォームなら

床材を美しく保つためのポイント、メンテナンスの仕方

 床材を美しく保つためには、日常の生活からポイントを押さえていきましょう。床材の傷やへこみ等の原因で多いのは、イスやキャスター付きのイスが挙げられます。

 

 イスは、なるべく持ち上げて移動しましょう。または、イスの足にゴムキャップなどを付けると、表面を傷つけにくくなります。

 

 キャスター付きのイスは、床材の表面を傷つけやすいので、使用を控えるか、カーペットなどを敷いて使用しましょう。

 

 床材は傷やへこみだけでなく、熱や乾燥によるひび割れや床材と床材の継ぎ目の「目スキ」などを起こす場合があります。例えば、直射日光に長時間当ててしまうと、日焼けや、ひび割れの原因になりますのでカーテン等で直射日光を防ぎましょう。

 

 他の要因としては、温風ヒーターやホットカーペットなども使用に注意しましょう。温風やホットカーペットの熱での目スキやひび割れを生じやすいので、下敷きなどをし、床表面に熱が伝わらないようにしましょう。また、床暖房を使用中はカーペットなどで表面を覆ってしまうと熱がこっもてしまうので避けましょう。

 

 

 床材のメンテナンスでのポイントは、基本的に乾拭きをしてください。水拭きをしてしまうとフクレやシミの原因になったり、何度も水拭きをしてしまうと、表面のコーティングを失ってしまいます。汚れがひどい時は、シンナー等の溶剤は使わずに、固く絞ったぬれぞうきんで拭きましょう。

 

 ワックスについてですが、ノンワックス仕様の床材は必要ありませんが、ご都合でワックスがけする場合はメーカー推奨のワックスを使いましょう。市販のものなどを使うと床材表面に異常を起こす場合もあるので注意しましょう。ワックスがけする場合は使用上の注意事項をよく読み使用しましょう。