山口市、 防府市の床の リフォームなら

複合フローリングの特徴と性能

フローリング、例1

 

フローリング、例2
 複合フローリングとは、二層以上からなる床材のことを言い、一般的に普及しているので種類が豊富でライフスタイルや用途に合わせてコーディネートしやすいです。価格は安いものから高価なものまであるので、予算に合ったものを選びやすいです。

 

 

フローリング、例3
 メーカーや商品によって様々ですが基本的に、断面としては表面にコーティングが施され、化粧板、硬質バッカー層(傷やへこみに強い素材)、合板で構成されています。

 

 

フローリング、例5

 

フローリング、例4
 張っていくとこういった形になります。

 

 

 フローリングには色々な性能の有無がありますので用途に応じて選ぶ必要があります。性能としては、ほとんどの商品に「ホルムアルデヒド対策仕様(F☆☆☆☆)」、「抗菌」は対応しています。主な性能については、

 

 床暖房対応・・・フローリングには床暖房に対応しているものと、していない物が有りますので床暖房を設置する場合には確認が必要です。

 

 耐光性・対傷性・対キャシター性・・・ほとんどの商品には対応していますが、銘木床(天然木化粧床材)などの自然素材を使ったフローリングには対応して ない物が有ります。

 

 防音・・・防音機能に優れているフローリングです。特殊なフローリングなので種類が少なく、価格も高価です。

 

 対アンモニア性・・・優れた対アンモニア性により、変色しにくく、拭きやすいためペットを屋内で飼う方も安心です。

 

 水廻り・・・水に強い耐水1類合板で作られているフローリングです。湿気や乾燥の繰り返しによる劣化を防ぎます。

 

 

 他にもフローリングの性能は多くの種類がありますので、部屋の用途やライフスタイルに合わせ選ぶようにしましょう。

その他の床材

フローリング、例6
 クッションフローリング・・・ビニール系シート床材(塩化ビニル)で、できています。一般的な用途は住宅のトイレや洗面所などの水廻りに使用されることが多い です。カビ、汚れに強く張り替えも容易なので既存の床に張る簡単かつ安くリフォームすることも可能です。

 

 貼り替え時期としては、約10年に一度ぐらいを目安に考えましょう。