山口市 防府市 リフォーム 住宅修理 増改築

窓を取り替えることで、断熱性能を上げ光熱費を下げ、省エネ化しよう。

 家には無くてはならない窓ですが、窓の性能によって断熱性能は大きく変わってしまいます。冬の場合、住宅の窓からの温めた空気の逃げる割合は、家全体の約48%と言われており、夏の場合でも外の暑い空気が窓から流入する割合は、こちらも家全体の約71%とまで言われています。
 このことからも、住宅での窓の断熱性能としての役割は非常に重要となります。サッシの種類としては大きく分けて3種類あります。

 

 

 アルミサッシ+単板ガラス・・・窓の枠がアルミで出来ており、ガラスは一枚の物です。従来ではよく使われていたもので、価格が安く、軽いのですが、ガラスが結露しやすく断熱性能が低いです。また、防音性も低いので部屋の中の声が外に聞こえやすく、外の騒音も聞こえやすいといった欠点があります。

 

 

 アルミサッシ+複層ガラス・・・窓の枠がアルミで出来ており、ガラスが2層になっているものです。ガラスを二枚にし、ガラスとガラスの間に空気層を設けることによって、結露しにくく、高い断熱性能を発揮し室内外の音漏れ防止にも効果があります。メーカーによっては空気層の厚さが違うものもあるので注意が必要です。空気層は厚いものほど断熱性能が高くなります。複層ガラスの欠点としては、ガラスが二枚になるので窓が重たくなります。価格も単板ガラスに比べ高くなります。

 

 

 樹脂サッシ+複層ガラス・・・窓の枠が樹脂で出来ており、ガラスが2層になっているものです。窓の枠を樹脂に変えることでアルミサッシよりも熱伝導率を下げれます。熱伝導率を下げることによって夏場の暑い空気や冬場の冷たい空気を遮断でき、断熱性能を高く出来ます。断熱性能、気密性は非常に高いですが、価格の方も高くなります。

 

 

 サッシだけでなくガラスも多くの種類がありますので、用途に合った物を選びましょう。主な住宅に使われている断熱性能の良いガラスとしてLow−Eガラスがあります。このガラスは断熱性、遮熱性に優れており樹脂サッシとの組み合わせで、アルミサッシ+単板ガラスに比べ、断熱性能が約3倍違うとの検証結果も出ています。

 

 

 他には、リフォームで既存の窓の内側にもう1枚窓を付ける製品もあります。窓の内側に施工するので施工費が安く、簡単に設置出来ます。断熱性、防音性に優れています。

 

 

 開口部である窓を変えることで、断熱性能を上げ家を省エネ化することで光熱費を抑えることができます。また窓を丈夫にすることで盗難防止にもなり、家族が安心して暮らす家作りができます。他にも盗難防止策として、窓に面格子を付けたりシャッター雨戸などを付ける方法もあります。