山口市・防府市のリフォーム施工実績

リビングに床暖房を施工し、キッチンをリフォームしました。

 リビングと玄関、水廻り等のリフォーム工事を行いました。築約30年の住宅です。施工内容は、リビングは床の貼り替えと床暖房の取り付け、タカラのキッチンの新設、雨漏りがしていたので天井の貼り替えと雨漏りする箇所の補修、壁紙の張り替えです。
玄関は床の増し張り、壁紙の貼り替えです。
洗面所は床の貼り替え、天井・壁の壁紙の張り替え、洗面化粧台の新設です。
お風呂は大きいユニットバスが良いとのお客さんの要望があり、洗面所を少し狭くし浴室を大きくしました。

 

 家の状態は、床が全般的に傷んでおり、踏むと人の体重でブヨブヨとへこんでしまうような状態でした。このような状態を放置していると、床が抜けてしまい怪我をしてしまう可能性があります。
 天井は雨漏りがひどく天井や壁にシミが出来ていました。

 

 まずはリビングから作業していきます。
 元々のキッチンです。キッチン部分にはタイルが貼ってあり、油汚れ等がこびり付いています。まずキッチンと天井を解体していきます。

 

既存のキッチン

 

 解体後はこのような状態になります。

 

キッチン解体後

 

 天井も解体して、雨漏りの原因を探していきます。

 

天井解体後

 

 雨漏りの原因は外壁からの配線部分でした。風が強い時風向きが悪い時に、雨が吹き上がり配管を伝って雨漏りしていました。

 

天井配管

 

 他にも壁の隙間等あったので、防水処理をしました。

 

防水処理

 

  防水処理も終わったので、天井を張り、次に床の作業に移ります。床は解体して新しい木材にします。

 

床組

 

 シロアリ対策のために防蟻処理を木材にしていきます。

 

床組

 

 防蟻処理をしたら、断熱材をはめ込んでいきます。

 

床組 断熱材

 

次に床暖房を施工していきます。
 床暖房は大きく分けて2種類あり、温水式床暖房電気式床暖房があります。

 

 温水式床暖房とは、床下に温水を流すための温水パネルを敷き、
熱源機械を設置するものです。 熱源機で暖めたお湯を床下で循環させて暖める仕組みのものです。

 

 電気式床暖房とは、床下に電気を流すための電気パネルを敷くものです。
 電気式床暖房は配管や熱源機械の設置が不要のため、温水式床暖房に比べ、比較的費用も抑えることができます。

 

 今回施工する床暖房は電気式のものです。

 

床暖房

 

 余談ですが、床暖房を設置する際の注意点として、フローリングは床暖房対応のフローリングを使いましょう。フローリングには床暖房対応外のものがありますので確認をしときましょう。
 設置位置にも、考慮が必要です。設置位置は、テーブルを置くリビング中央で家の中で一番利用頻度が多く、家族が長い時間過ごすところが最も多く設置されています。
 設置位置で、見落としがちなのは台所です。キッチンの前にも床暖房を設置することをお勧めします。冬場の炊事は冷たく非常に憂鬱ですし、対面キッチンの場合、リビングの暖房が壁に阻まれて台所の足元に届きません。寒さ対策として台所にファンヒーターなどを置いているご家庭も多いと思います。
 台所の足元に床暖房を設置することで、冬場の炊事を快適にできます。

 

 今回のリフォームでの床暖房の設置位置も、リビング中央とキッチンの前に設置しました。
 フローリングを張り、キッチンを施工してリビングは終了です。

 

新設キッチン

 

 今回のキッチンは、タカラスタンダードのホーロー式システムキッチンを施工しました。
 元々、タイルが貼ってあったところにホーロー製のキッチンパネルを張りました。ホーロー製なので、マグネットが付き、料理用具の収納も自由度が高くなります。油汚れにも強くお手入れが楽です。

 

ビフォーキッチン

 

ビフォーキッチン

 

 

アフターキッチン

 

アフターキッチン

 

洗面所をリフォームして、古いお風呂を解体してユニットバスを施工しました。

 次に、洗面所お風呂のリフォームをしていきます。
 これが、既存の洗面化粧台です。だいぶ使い込まれており、傷んでいました。

 

既存洗面化粧台

 

 こちらが、既存のお風呂です。

 

既存お風呂

 

 お風呂自体は比較的状態は良かったのですが、お風呂の入り口が水で腐っていました。

 

風呂入口

 

 このようにお風呂の入り口が傷んでしまうことは、非常に多く、放置していると床が抜けたり白蟻の発生につながる恐れがあります。白蟻は湿気を好み、木材を食べてしまいますので、水廻りは特に危険です。
 ここには、白蟻はいませんでしたが、

 

白蟻例

 

 このように、白蟻は木材を食べ尽くしてしまいますので、家の強度に深刻な問題が出ます。

 

 

 

 作業に戻っていきます。

 

 まず、洗面所とお風呂を解体していきます。既存のお風呂がタイル式だったので、ハツリ機等でコンクリートを解体していきます。

 

風呂解体

 

 次に浴室の床下にコンクリートを流し込んで固め、洗面所の床を組んでいきます。床の木材には、防蟻剤を塗っていきます。

 

洗面所床組

 

 床に断熱材を入れていきます。

 

洗面所床組 断熱材

 

 続いてユニットバスの施工に移ります。

 

ユニットバス施工

 

 ユニットバスもタカラのものを使用しています。

 

ユニットバス 1

 

ユニットバス 2

 

 お風呂を大きいサイズにしたので、浴室内はゆったりできる空間になっています。

 

ユニットバス 空調

 

 このユニットバスには、乾燥・暖房完備なので湿気が少なく、浴室のカビを抑制できます。冬場のお風呂は寒いですが、お風呂に入る前に暖房をつけておくと、冬場でも快適に使用することができます。

 

 最後に洗面化粧台を設置して終了です。

 

新設洗面化粧台

 

 今回は、お風呂を大きくするために洗面所を少し狭くしましたので、リフォームする前によりもコンパクトな洗面化粧台を設置しました。幅は少し狭いものですが、洗面化粧台の横にトールキャビネット式の収納を付けることで、収納スペースを多くしています。

 

ビフォー洗面化粧台

 

Before

 

 

アフター洗面化粧台

 

After

 

 後は、給湯器が古くなっていたので新しい給湯器を設置しました。

 

給湯機

 

 今回のリフォームは以上になります。築30年以上たつ住宅は色々と傷んできますので、こまめなメンテナンスや修繕は心がけておきましょう。特に床のへこみや、水廻りの腐食等は怪我や白蟻などの原因にもなってしまう恐れもありますので、早めの対処をお勧めします。